アクセス解析
レンタル掲示板
林道ひまなし 一般記事





200字詰:9月20日

2016_0920_000010.jpg
職場に新しいセロテープがあった。
S子「こういうの好き」
30「後方小旋回のユンボみたいだから?」
S子「そう」
30「わかってんの?」
S子「うん」
ホントかな???(笑)

30「Tさん、明日台風来ますね」
T氏「そうなんだよ、支柱立てに行かなきゃ~!」
彼は草食系じゃなくて植物系男子。

ぼのぼのに出てくるアライグマくんのふとした表情がデーモン小暮閣下にすごく似ている。

スキンヘッドの配達の人がタオルをかぶって後ろで結んでいた。
30「手ぬぐい似合うね」
紅子「ヘッドドレスですね」

大人になった蚕(カイコ)には口がない…なんて悲しいんだ。真っ白い「蛾」だけれど、エサを食べることもなく、次世代の子孫を残して死んで行くだけらしい。

「東京のいいところは、大きな公園があるところ」
と、何かのラジオで言っているのを聞いた。
田舎には特に公園なんてないけど、広々とした自然があるさ。本物の。

ビキニもニキビも若さの特権。

30「今日は日も差さないのにやけに暑いですね」
B氏「オレがいるからですよ」
30「デブは暑いって?ハートが熱いんじゃないの?」
B氏「どっちもです」
30「どちらにせよ暑苦しい」

「ハイレゾ」が「ハイレグ」に見えて仕方がない。

今年になって7キロ太ったという紅子。夏に向かってダイエットを始めたと言う。
紅子「(もし)痩せたらビキニ着ます!このまんまじゃ、どこに胸があるのかわかんないですから」
30「そうなの?」
紅子「でも痩せても、どこに胸あるんだかわかんなくなると思うんで」
30「同じじゃん!」
[ 2016/09/20 22:00 ] 一般記事 | TB(-) | CM(0)

新境地!?

2016_0613_000010.jpg
買ってしまった。
これでよかったのかどうか、ものすごく考え込んだ。
まだ箱から出せない。電源の入れ方は聞いてきたけれど切り方がわからないから。
とりあえず、日にちをまたいで、充電だけしてみた。
ネット検索で引っ掛かった、
「電源は切らないで使う」
「携帯の待ち受けと同じ」
…そうなのか?…そういうことなのかっっ!
それだけわかったところで就寝。
寝る子は育つだろうか。
[ 2016/06/13 22:00 ] 一般記事 | TB(-) | CM(0)

「クラブA」リニューアル

2016_0410_001000.jpg
このブログの親ページというか本館であるホームページ「高原の鰯水」のマイナーページ、「横浜セクシュアル・ハラスメント裁判の記録」トップページを見やすくしてみた。今までの、開くといきなり呪われたように真っ黒なページは怖すぎた…。
いや、公開当時はまだ「ホームページ」の黎明期で、掲示板荒らしも頻発していたので、ああいう2段構えの構成にでもしないとやっていられなかった。
その後、より手軽な「ブログ」が登場するとそちらに移行する人が多かった。テンプレートあるし、画像サムネイル、コメント欄、全て簡単で、それがツイッターやフェイスブックになるともう、猫も杓子もどころか一億総なんとやらという感じで、今じゃ「荒らし」ではなく「炎上」と言うんだって!?

それはさておき、ドライブレポートが本旨のレジャー用ホームページにわざわざ裁判記録を載せてある理由みたいなものを、ここに引用しておこう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

― 公開について ―

 セクシュアルハラスメントは、誰の身にも起こり得ることだが、その被害を民事訴訟として訴え、一審敗訴のあと二審で逆転勝訴判決を勝ち取るという事例は、ありふれたものではない。

 日本の司法の歴史に判例として残り、現在でも実際のセクシュアルハラスメント裁判にその資料の一部が使われている苦闘の軌跡を、何らかの形で残しておきたいと思った。できれば、必要とする誰でもが書店に並ぶ本を手に取るが如く、簡便に見られるように。

 なぜなら、そこに「真実」があるからである。

 当時、支援の会が発行していた会報「クラブA」には、裁判の進行状況、法廷でのやりとりの様子、傍聴の感想、原告の言葉等が載せられ、同時期に宇都宮や八王子などで進行していた他のセクシュアルハラスメント裁判の様子や女性たちの性暴力に対する働きかけ等も紹介されている。

 これらは、持ち寄られた原稿を原告や事務局の仲間がワープロで打ち、印刷・郵送等の作業をした、「最も原告に近いところから発信された」ものである。

 当時から、世間には幾通りもの伝聞や推測、憶測が流れ、新聞やテレビといった巨大メディアでさえ事件を正しく伝え損ねていた。その後発達したインターネットでは、各方面の専門家や趣味人による自己流の解釈が垂れ流し放題である。

 加害者を知らず、被害者を知らず、性暴力の何たるかを知らず、民法も刑法も知らず、事件の影響で起きた様々な出来事も知らず、ただ溢れかえる情報の洪水に晒されるのみの知性に、「真実」の見極めようなど果たしてあるだろうか。

 しかし、裁判は終結し判決は確定している。

 ここにただひとつ、違えようのない事実がある。
 それは、加害者・被告が人として誤った行動を起こさなければ、「全ては無かった」ということ。

 これだけが、誰にでも容易にわかるはずの事実である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「真実」と「事実」の違いについて、書いた当時は辞書で調べたっけな。今じゃネットで一発だ。
ツイッターの素早い、広範囲での反応に比べれば、掲示板への攻撃など蚊が刺したほどでも無いか。
大人気記事だった「Aさんコーナー」(原告の書きたい放題)だけをまとめて読めるページを作ったらいいだろうか…などと、まだいじろうと考えている。
[ 2016/04/10 15:00 ] 一般記事 | TB(-) | CM(0)

鳥柄カーテン

2016_0322_000010.jpg
「トリガラ」と言えばラーメンのスープとかが一般的。でも30的には鳥フィーチャーの品物たち。今回のブツの場合、正確には鳥の羽根柄。こないだオーバル皿を買ったチチカカさんで見つけた。

2016_0322_000020.jpg
数種類の鳥たちの羽根がちりばめられている。30が選んだのはブルー系。他にピンク系(とにかく明るく七色っぽい)とグリーン系(緑~黄色のアースカラー寄り)がある。サイズは、このカーテンの他にのれんとカフェカーテン。どれもみんなステキで全部ほしくなる♪\(*^◇^*)/

2016_0322_000030.jpg
光が入るとこんなふう。
カーテンを替えたら部屋が明るくなった。家具や壁紙だと大変だけれど、カーテンならちょっと奮発すれば…ネ。お手軽模様替え♪おススメです。(^_^)v
[ 2016/03/22 22:00 ] 一般記事 | TB(-) | CM(0)

変換シリーズ220

危ないで蚊
あぶない刑事
…伝染病を取り締まってください。

遺影!
イエイ!
…場をわきまえてほしい。

法被ー
ハッピー
…ファンキーな坊さん。

何枚だ部
なんまいだぶ
…お菊さん、成仏してね。

よくこの年増で生きてきたねぇ
よくこの都市まで生きてきたねぇ
よくこの豊島で生きてきたねぇ
よくこの歳まで生きてきたねぇ
…余計な御世話だし、都市が豊島区だって、いい歳だって、敏いとうとハッピー&ブルーだって、なんだっていいじゃないか。

死ねサロン
シネサロン
…サスペンスの邦題。

名門下った
名文句だった
…何か言い残して出て来たのか。

塩山まで支部が機械に
塩山まで渋柿買いに
…SFかと思ったらまた、古風な。

見方が腹の戦い
三方原の戦い
…デブの腹に三方を囲まれる。

得る無害の悪夢
エルム街の悪夢
…初夢はそんなもんでじゅうぶん。
[ 2016/03/22 00:10 ] 一般記事 | TB(-) | CM(0)