アクセス解析
レンタル掲示板
林道ひまなし |ツーリング

  ~ ひまがあったらやまなしへ ~

実山椒2017

2017_0605_000010.jpg

実山椒を買いに道の駅すばしりまで走った。まず手前のR246沿いにある道の駅ふじおやまで、前回来たとき見かけて超気になっていた手作りサンドイッチを購入。250円なのにコンビニサンドの2倍はありそうな大きさ!とりあえず積んですばしりへ急ぐ。


2017_0605_000030.jpg

やった!小見山福江さんの実山椒だ!5パックしか並んでいない…なら全部買わせていただきますー♪\(^o^)/ もし無ければ芦川村のおごっそうやまで走ろうと思っていたので、いきなり本日の任務終了。
先月の5月3日と8日も、ここで葉山椒を買った。もちろん小見山さんのだ。そのとき、隣にあったタラの芽を選んでいたら、買い物に来たらしい中高年女性にいきなり話しかけられたのだった。
女性「(カゴに入れた山椒を見て)あら、こんなに山椒、どうするの?」
30「佃煮にするんです。山椒大好きで、いつもここへ買いに来るんです。この、小見山福江さんのがイイんですよ♪」
女性「(小見山さんの山椒を指差して)働き者よぉ!」
なにっ?ということは、知り合いなのかっ!?と思い、
30「小見山さんのはすごくきれいでゴミひとつ混じってなくて、どんな人なんだろう?きっとステキな女性なんだろうな~と思って…」
女性「オジサンよぉ!!」
ええっ!!福江さんって、オジサンの名前だったのッッ!!(゜∀゜;ノ)ノ


2017_0605_000040.jpg

これは、小見山福江さんの実山椒のパックに入っている食べ方のメモ。ネットで何でも調べられる時代なのに、このように親切なレシピをパックにそっと忍ばせてくれる。使われている記号がABC…ではなくイロハ…なのも味わい深い。そして今年のレシピは一昨年のものと違ってより辛味マイルドに工夫された新しいものであることに気付いた。働き者だという小見山福江さん…本当にどんなオジサンなのか、ますます気になる存在になってしまった。


2017_0605_000090.jpg

これは5月8日に葉山椒を買ったときのレシート。小見山福江さんに次いで山椒の出荷が多いのが芹沢嘉治さん。それに福沢晟さんもタラの芽などの山菜を出荷していてよく見かける。道の駅すばしりで野菜を物色するときにはいつもこの御三方の名を探してしまう。


2017_0605_000050.jpg

目的のブツを無事入手できたので、あとは御殿場のスーパーオギノで梨北米5キロを買って…と、これが思っていたより袋が大きく搭載ボックスに入らない!?…斜めの立て入れでなんとか収納。隙間に山椒4パックと注文品の信玄餅飴5袋を詰め込む。あ、巨大なサンドイッチもあったなぁ。


2017_0605_000060.jpg

道の駅ふじおやままで戻り、角が取れて楕円形に近くなった三角サンドを賞味。デカ過ぎるしウマ過ぎる!溢れんばかりのタマゴに野菜にハムにポテサラ?いやタラモサラダか?味付けもシッカリしていて、とにかくボリュームがすごい!ただ、長時間の持ち歩きはおススメしない。(^_^;)
さて、帰ったら山椒たちの下茹で作業が待っている。5パック分かぁ~~…(泣けてくるがこの先1年分の仕込みなのでがんばる)

芦川のすずらん・身延のバラ

2017_0529_000010.jpg

平日朝の足柄S.A。こんなに空いている。


(マウスオンで写真がチェンジ!)

芦川村のすずらん群生地春蝉の声が響き渡る白樺林の足元に、すずらんや野の花たちが静かに咲いている。



(マウスオンで下向き!)

イカリソウ。錨型をしている。たいてい下向きに咲いているので、写真を撮るにはしゃがみこんで膝をついたりして、結構大変。



(マウスオンで白っぽいやつ!)

ちょっと角度を変えて。可愛らしいつぼみも付いている。色はこんなふうに白っぽいものもある。錨というより空を飛んでいる何かのようにも見える。写真を撮りながら歩いていると、前から歩いてきた奥さんに話しかけられた。
「この花、なんて言う名前でしょうか?」
30「イカリソウです。船の、錨に似ているからだそうですよ」
すると、旦那さんが、
「テレビでやってたな、正平のやつ」
NHKの「こころ旅」だー!(笑) みんな見てるのネ。(^_^)



(マウスオンで写真がチェンジ!)

あった!ベニバナイチヤクソウ。まっすぐに立って、まあるいつぼみをいくつもいくつもつけている。一面の新緑と見え隠れするすずらんの小さな白の中で、たまさかにこの花に出会えるとものすごくうれしい。


2017_0529_000110.jpg

2本生えているのをみつけた。すずらんの開花時期に来るとまだ咲いていないし、ここ以外で見かけたこともない。どこかたくさん咲いているところはないだろうか。…群がり咲いているところを見てみたい気もするけれど、こんなふうにぽつんと数本立ち咲いている姿が、いいのかもしれない。



(マウスオンで写真がチェンジ!)

小さく、土の中からそのまま咲き出てきたような…リンドウ!?調べてみたけれどよくわからない。



(マウスオンで写真がチェンジ!)

これが芦川の「日本すずらん」。花屋の店先などで青々と葉を茂らせ豪華に咲くドイツスズランとは違い、たいそう小さい。どれだけ恥ずかしがり屋なのか、丈小さく伸びた葉の下に、隠れるように花をつける。去年は、前から歩いてきたおばさんに、
「スミマセン、すずらんどこに咲いてはりますのぉ?」
と、春蝉がズッコケて落ちてきそうなことを聞かれたっけ(笑)。あなたの足元にたくさん咲いていますよと、丁寧に教えて差し上げた。(^^)



(マウスオンで写真がチェンジ!)

ルートに迷ったけれど時間が遅くなってきたのでR300を下部へ下りることにした。トンネル手前で本栖湖越しの富士。



(マウスオンで写真がチェンジ!)

富士川クラフトパークへやってきた。満開のバラ園!春に来たときはただイバラの苗みたいなのが植わっているだけだったのにこれはどうだ、ものすごいバラ。咲いたら来てみようと秘かに狙っていたら数日前の朝、NHKニュースで全国に生中継されてしまった。



(マウスオンで写真がチェンジ!)

キャー、お客さんが殺到してしまうー!と、大いに心配したのだけれど、団体でも地元のデイサービスのお年寄りたちが来ていただけだった。(^_^;)


2017_0529_000300.jpg

あっ、サルだ。ここまで来たのでついでに身延へゆばまんを買いに寄ったら、道ばたにサルの群れがいた。見ていると、いちばん大きなサルが木から電柱に飛び移り、さらに電線を伝って川を渡りはじめた。すると、他のサルたちも続いてどんどん電線を伝い始めたのだけれど…



(マウスオンで子ザルがっ!)

最後のサルが見るからに小さい。動きがたどたどしく、一瞬電線から落ちそうになった。もしかして群れ最年少の子ザルか。


2017_0529_000330.jpg

最初に渡った大きなサルが、茂みの中で他のサルたちのほうを見ていた。子供たちが心配なんだな。通り過ぎずに停まってしまい、怖がらせてしまったかな。ごめんよ。

須走まで行って帰ってきただけツー

2017_0524_000010.jpg

須走まで行って帰ってきただけツー…本当にそうである。
R1~西湘BP~R246で道の駅すばしりまで実山椒を買いに行ったけれど無かったので帰って来た。それだけ。
6時間ちょっと、182km走ったけど。
あ、道の駅ふじおやまでかけうどん食べた。食器返しに行ったとき見かけたサンドイッチが巨大で超気になった。次の課題か。
  • 200字詰:9月20日 (09/20)
  • 2017年7月6日「美ヶ原高原美術館まで」、レポUP。 (08/25)
  • 円満退職とは…??? (08/15)
  • 2017年7月3日「佐野峠界隈の林道・身延・うつぶな公園のあじさい」、レポUP。 (08/15)
  • 美ヶ原スカイライン・美ヶ原高原 (07/10)
  • 美ヶ原高原美術館まで (07/06)
  • 200字詰:7月1日 (07/01)
  • 変換シリーズ260 (06/30)
  • 200字詰:6月25日 (06/25)
  • 激ガレの川上牧丘林道~ベニバナイチヤクソウ群落 (06/22)
  • 「高原の鰯水」BBS&連絡窓口

    syakadou.jpg

    Copyright © 30 All Rights Reserved.

    FC2カウンター