アクセス解析
レンタル掲示板
林道ひまなし |2013年02月

  ~ ひまがあったらやまなしへ ~

2月21日没

2013_0226_125108.jpg
元町入口そばの“かながわの橋100選” 西之橋を掠め、横浜中央病院前と中華街西門前を通過。横浜スタジアム前交差点で停まる。頭上に首都高神奈川3号狩場線、隣に横浜市営バス。横浜スタジアムの照明灯の奥には濃い茶の横浜市役所。左折でJR根岸線を潜ると、左に横浜家庭裁判所、右に首都高横浜公園ランプ。どこを見ても横浜尽くし。横浜市営久保山斎場へ向かう道。

岐阜は長良川のほとりで生まれ、70年以上を横浜で過ごした祖母。昭和20年5月29日の横浜大空襲では、2歳になったばかりの私の母を抱いて焼夷弾の雨の中を逃げのびたという。
来る3月25日で、満93歳になるところだった。

2013_0226_145918.jpg
写真写りのいい人だった。

見間違いシリーズ

2013_0222_122152.jpg
ハナクソーン(笑)

200字詰:2月20日版

「脱脂綿」
脱脂綿は昔から脱脂綿だと思っていた。漢字で脱脂綿。ダッシメンと書くとペプシメンみたいに発音まで変になる。注射の時によく見る。ぬいぐるみを作るとき中に詰める。あの白くてフワフワした。なのに今気付いた。「脱脂」って何だ。もとは木に生る綿花だと思ったけれど、それって油っぽいのか?…こういうときネットは便利過ぎて夢もクソもヘッタクレもない。すぐ謎は解けたけど。脱脂村とか言いたくなる。

「あの3人」
テレビから突然、細野さんの声がした。驚いて見るとCMだった。へーベルハウス。確かに細野さんだったよな!?とネットで調べてみると、果たしてそうだった。教授ほど特徴はないけれどやっぱりわかる。ユキヒロさんもきっとわかる。音楽を聴き始めた昔の、音楽のような声。畠山桃内さんも聞き違えようが無いな。(笑)

「明治の女性」
NHK「歴史秘話ヒストリア」で見た新島八重さんの写真。どっしりと、地面が盛り上がって人に成ったような威圧感…生きていることが美しいというような迫力。なぜか福島の祖母(故人)に面影も体形も似ている気がした。戦死した祖父の写っているたった1枚の写真に、幼い伯父伯母や父たちと並んでいるまだ若い祖母。ああこれは昔々のことではなく、振り向けばすぐそこにある、今に続いたちょっと前の過去のことなのだなと思った。

「短いほうがカッコイイ」
ニフティ「デイリーポータルZ」の文章だけのコーナー、「書き出し小説大賞」。昔々の「フロムエー」の「A to Z」(「ぴあ」のはみだしみたいな欄外投稿コーナー)みたいで面白い。選者の天久聖一氏のイカしたコメントとセットで愉快さ倍増。そして「200字限定」とか「400字詰め原稿用紙」なんてのを思い出した。

「ギックリ腰」
モーラステープのはがしカスって、モーラスの袋にそのまま溜めたりしない?(笑)

「キドカラー」
久しぶりに聞いたら一瞬何のことかわからなかった。ああ、アレか!と思ったらそれはフジカラーだった。

「よくある質問」
後悔していますか?していませんか?というやつ。後悔しているけれどしてもしょうがないと先に思うのは、どっち?

「なんまいだー…」
10年程使っている綿毛布が薄くなってきた。そろそろお払い箱かと眺めていて思った。内側のケバは減っているのに表側の柄は鮮明だ。なら表を内側にしてみたらどうだろう?…いい肌触りだ。
中心部が薄くなった敷布を縦ふたつに切り、劣化していない両サイドを縦中心に縫い合わせて使ったことがある。発展形で、更に横に切って繋いだ。最後はウエスとして台所の油拭きに。ここまですれば成仏間違いないだろう。

「ローカル情報」
ある日の道路交通情報。陣馬街道、八王子市上恩方町で大型トレーラーが停止、上下線とも渋滞と言っていた…それ、和田峠のあの道か!?(笑)
  • 麺類好き (10/28)
  • 200字詰:10月24日 (10/24)
  • 新しいバイク用品 (10/15)
  • 行儀のいい人・悪い人 (10/14)
  • 「ドリーム」と「エルネスト」 (10/11)
  • 大桟橋の夜景 (09/27)
  • 200字詰:9月20日 (09/20)
  • 日向薬師の彼岸花 (09/19)
  • 松本から美ヶ原へ (08/29)
  • 2017年7月6日「美ヶ原高原美術館まで」、レポUP。 (08/25)
  • 「高原の鰯水」BBS&連絡窓口

    syakadou.jpg

    Copyright © 30 All Rights Reserved.

    FC2カウンター