アクセス解析
レンタル掲示板
林道ひまなし 2014年07月





某帽子屋さん

2014_0726_010000.jpg
金髪リーゼントの下にきらめくグラサン。赤いパイピングの短ラン&ボンタンの特攻服。そしてキャラクターがペンギン(笑)。往年のなめ猫を彷彿とさせるこの絵は店長の作と聞いた。以来、お店の前を通るのが楽しみになった。
[ 2014/07/26 22:00 ] 一般記事 | TB(-) | CM(0)

麦草峠~蓼科へ


(マウスオンで写真がチェンジ)
清里経由でわざわざ麦草峠を越えて蓼科まで行ってきた。でも最終目的地は信濃境の井戸尻遺跡にあるハス池。
レポートUP済み。
[ 2014/07/23 22:00 ] ツーリング | TB(-) | CM(0)

本搾りエビィ


(マウスオンで写真がチェンジ)
晩酌の友。
[ 2014/07/19 22:00 ] | TB(-) | CM(0)

よこすか海岸通り


(マウスオンで写真がチェンジ)
よこすか海岸通りは観音崎へ行くときの通り道。田舎は道が少ないので他に選びようがないのではなく、この道しかないということが多い。そんな道。でもやたら気分がよくなる道。東京湾側だから「湘南」とはちょっと違う。
[ 2014/07/15 22:00 ] ツーリング | TB(-) | CM(0)

200字詰:7月15日

「どこかが違う!」
ワンタンメンワンタンメンワンタンメンワンタンメンワンタンメンワンタンメンワンタンメンワンタンメンワンタンメンワンタンメンワンタンメンワンタンメンワンタンメンワンタンメンワンタンメンワンタンメンタンタンメンワンタンメンワンタンメン…

「今日はドコモで1枚買うと2枚になるやつがいい」
…母よ、それはドミノだ。

「シンフォケーキ」と書いてあった。シフォンケーキのことだろうと理解した。

自分で作った焼きそばが不味いと言う母。
「しょっぱくて食べられない!ソースついてなかったのよ。宇都宮焼きそばってソースついてないの?」
そりゃ、料理の腕が悪いのだろう…と思いつつどこかヘンだと感じた。数時間後、風呂に入っていて、富士宮焼きそばじゃね?と気付いた。

「根性は?」
つむじ曲がってるし、ヘソ曲がってるし、せめて髪の毛ぐらいまっすぐにしてみたい。

職場に「われものシール」が貼ってある荷物が届いた。ところが持ってみても振ってみてもわれものとは思えない。開けてみたら、中身はわれものシールだった。

職場の大学生&フリーターな若い連中が、飲み会のあと、こともあろうにみなとみらいにある万葉の湯(高いぞ!)へ行き、朝までウダウダしてそこから出勤してきたという。
S君「延長料金だと4500円です」
30「そんなに出すなら別の風呂屋行けよ!」
一瞬ののち、ニヤリとするS君。(彼女はPCの中にいるらしい)

「ノーバン始球式」のニュースを見て「ノーパン」かと驚いたのは私だけ?(ノーバウンドなんか略すなよ)

「特別な1000円」
ポイントが貯まって金券がもらえた。1000円分ただで買える。でも何を買おうか思いつかない…という発想自体が貧乏くさい。やっぱり晩のお買い物の支払いとかにさっさと使っちゃうのはもったいない気がしてしまう。

「やなことあったらバイクでカッ飛ばすの?」と聞く人はバイクを知らない。そんなことはしない。危ないから。それに、バイクは大切な趣味だから気分良く乗りたい。面白くないときにバイクには乗りたくない。というか、乗れない。
[ 2014/07/15 18:00 ] 200字詰 | TB(-) | CM(0)

湾岸線沿いの一風景


(マウスオンで写真がチェンジ)
大量に積まれた「高級 海蛋皮」と書かれたダンボールの箱。ベルトコンベアから、細く裁断された黄色っぽい何かが地面にじか置きされたその箱の中に落下している。作業をしている男性は普段着で素手で、横の郵便ポストの上には飲みかけらしきペットボトルが置かれている。向こうの大型冷蔵庫は開けっぱなしのドアから白い冷気が道路まで流れ出している。ここは首都高高架下そばにあるとあるビルの前。つまり露店の屋外。梅雨の晴れ間のえらく蒸し暑い日にたまたま通りかかったらこんな光景が展開していた。前の車の男女も指をささんばかりに注目して何か話し合っている。「海蛋皮」はクラゲのこと。中華料理の前菜によく出てくる。
[ 2014/07/09 22:00 ] 一般記事 | TB(-) | CM(0)

内宮運輸機工(株)のオールテレーン

2014_0331_210000.jpg
撮ったまま忘れていた写真を発掘した。これも横浜町田I.CそばのR16号改修工事現場のものだ。


(マウスオンで写真がチェンジ)

2014_0331_250000.jpg
あそこはほぼ必ず渋滞するので、珍しい重機がいないか見ながらのんびり通過するのが楽しい。しかも普通なら近寄れないはずの重機を間近で見られるチャンス♪

2014_0331_260000.jpg
でもあまりに距離が近過ぎて、超大型の重機がカメラに収まりきらない(笑)。


(マウスオンで写真がチェンジ)

2014_0331_290000.jpg
とにかく、車体のどこかに書いてある「品番」さえ撮っておけば、あとで調べられる。まあ、特殊な重機だとものすごく高価なのでそれほど台数がないから、画像検索すればみつけられることもあるけれど。
このとき見かけたのは、内宮運輸機工(株)所有、加藤製作所の400t吊りオールテレーンクレーンKA-4000R。平成23年発売で¥480,000,000-(税別価格※価格は標準仕様、工場裸渡し価格…だそう)
[ 2014/07/08 18:07 ] 特殊車両 | TB(-) | CM(0)