アクセス解析
レンタル掲示板
林道ひまなし 2014年10月





バイク用品

19:52、ナップス閉店8分前、ようやく決断して冬用ライディングジャケットを買った。
「大きい男の大きい靴」というのを昔電車内の広告で見たことがある。男が大きくても何ら問題はなさそうだ。が、女はどうだ。大きい女の大きい服といえば、年配向けかポッチャリ向けのデザイン&サイズばかり。単に背丈とか手足とか、人体の一部のパーツが異様に長いだけの場合はどうしたらいいのだ…(途方に暮れる)。
ま、結局メンズのSサイズに自分を合わせるという方法しかないわけなのだが。それだといろんなとこ余っちゃったりするんだけどね。(T_T)
もうバイク用品にお金をかけるのはよそうと思っていたけれど、考えたらこのあと乗れる年月(としつき)は限られている。今ガマンしていたら着る時が無い。
ついでに、悩んで店内をウロウロしていていいものも見つけた。

2014_1031_020000.jpg
昨年モデルのグローブ。7800円 → 3900円!ラッキー♪
どちらも、最後の一着になるのかな…と思っていたら、後日、悲劇が。(~◇~;)
[ 2014/10/31 22:00 ] 一般記事 | TB(-) | CM(0)

野猿谷林道・御岳林道

只今編集中
[ 2014/10/29 22:00 ] ドライブ | TB(-) | CM(0)

本谷川・みずがき林道~清里界隈

只今編集中
[ 2014/10/27 22:00 ] ドライブ | TB(-) | CM(0)

発見!旭山林道~甲斐大泉・富士見平へ


(マウスオンで写真がチェンジ)
先週まわれなかった大泉~清里辺りを目指して来たのに、道に迷って林道をみつけてしまった。旭山線。それらしい道が県別マップルに載っていて、しかも抜けている。こりゃあ行ってみるしかない!と思い、突入♪ 全線舗装でそれほど長くはなかったけれど甲斐駒の眺められる場所もあったし、また近くへ来た時にちょっと寄ってみたいな。いい発見をした。(^^)


(マウスオンで写真がチェンジ)
今年も大泉の紅葉はものすごかった。公園とかいうのではなく道沿いの紅葉なので、バイクで来ると路駐に便利。(笑)
東沢大橋は工事中(なぜこの時期!?(-_-;) )なので天女山へ上ってみた。空気が澄んでいる。これなら富士も見えるはず!と確信して観音平へ走った。近いと思っていたけれど結構距離がある。何より寒い、寒い…

2014_1024_040000.jpg
でも、おかげでこの眺望。来て、よかった。
[ 2014/10/24 22:00 ] ツーリング | TB(-) | CM(0)

本谷川渓谷~みずがき林道

白駒池の紅葉から3週間、北杜市まで紅葉が降りてきた。この時期は紅葉情報をじゃんじゃん更新してくれる北杜市観光協会のHPが最強。紅葉のみならず、春の開花や山歩き、施設や各種イベント、温泉、食、買い物、路面状況まで、観光お役立ち情報満載。その地元愛あふれる筆致がまた、たまらない。(^^)
そこでしきりと紹介されている本谷川渓谷が今日の目的地。初めて訪れたのは2003年の秋だった。観音峠大野山林道から下っていったときの紅葉の赤さが忘れられない。

2014_1018_010000.jpg
さて、道志みち経由で行ったらカワガラスを発見!写真を撮っていたら突然の英語!?…そこのかっちょいいカワサキのバイクの外人さんらしい。橋のほうを指さして何か話してくれているのだけれど…うーん「Picture」しかわからないっ!(~◇~;)

2014_1018_020000.jpg
そのとき撮ってもらったのがこの1枚。これが「信楽焼のタヌキ!?」ってくらいな超ブサイクな写り(泣笑)。履き古して色褪せて穴も開いているパンツにツンツルテンのジャケットが路上で暮らしている人みたいにみすぼらしい(顔は言うまでも無く)。青き道志の流れが対照的に目に沁みる…。
「新しいジャケットとパンツを買おう!」
と、この写真を見たとき決意した。

2014_1018_025000.jpg
いつもどおりにおおみやのおむすびとコーナーポケットのパンを買い、塩川ダム/みずがき湖ビジターセンター到着13:00超…(-_-;)遅。
植栽でありながらも、ここの紅葉は見る価値アリの美しさ。紅葉もドウダンツツジも、どうしてか燃えるように鮮やか。湖畔に出ればダムに掛かる2つの鉄橋のアーチが景色のアクセントになっている。

2014_1018_030000.jpg
増冨温泉郷を通り抜け本谷釜瀬林道に入ると、いきなり清流が間近を流れていて驚く。

2014_1018_040000.jpg
川沿いを道路が走っているのではなく、谷川の中に道があるのだ。


(マウスオンで写真がチェンジ)
どこからでもすぐ水際に下りられるというとんでもない近さ。

2014_1018_070000.jpg
そして進むにつれ姿を現す紅葉たち。

2014_1018_080000.jpg
橋桁も欄干もなく、ただ流れを渡るだけのシンプルな橋が景観に馴染んでいる。

2014_1018_090000.jpg
「弁慶の力石」と、石のすぐ脇に看板が据えてある。この渓谷には、他にもその形をなぞらえた名の奇岩や滝がいくつもあり、そばにいちいち墨黒々と大書きされた看板が立てられている(苦笑)。


(マウスオンで写真がチェンジ)
時刻は14時過ぎ。深い谷間に秋の陽が降り注ぐ。蛇行する谷底までいつ陽が入るのか、午前と午後ではまるで感じが違ってしまう陽射しの具合はもう予測できない。なら、何度でも来ればいい。


(マウスオンで写真がチェンジ)
バスツアーの渓谷道ハイキングより釜の数は多い。


(マウスオンで写真がチェンジ)
行く先にも来た道にも、手の届くところに紅葉がある。


(マウスオンで写真がチェンジ)
こんな眺めが、ツアー代もガイド料も時間制限も何も無しに無制限で堪能できる。平日はすれ違う車も数えるほど。歩いている人もいない。黙ってじっとしていると瀬音と山の気に飲み込まれてしまいそうだ。


(マウスオンで写真がチェンジ)
この淡い緑ももうすぐ色を変えて地面に返る。


(マウスオンで写真がチェンジ)
行く手右側の木立ちになんとなく奥行きが出てきたなと思うと、駐車スペースと広い三叉路にぶつかる。右へ上れば観音峠大野山林道。今日は左へ、本谷釜瀬線をそのまま進む。

2014_1018_230000.jpg
美しい渓流から離れてだんだんと標高を上げて行くと瑞牆山が見えてくる。白い川床、白い山砂、白い岩山、このあたりはクリスタルラインのいちばんの特徴がよくあらわれている。


(マウスオンで写真がチェンジ)
登山客でにぎわう瑞牆山荘を過ぎると天高く聳えるような白樺林が続く。青い空に純白の木肌、紅葉が映えないわけがない。思わず停まって空を仰いでいると、向こうから歩いてきたリュックを背負った人も同じように梢を眺めていた。山の挨拶「こんにちは」。バイクで来ても、歩いて来ても、みんなニッコリ。この瞬間、同じ感動を共有している人たちがこの山の中にたくさんいる。

2014_1018_340000.jpg
大きなT字路を右折、みずがき林道に入る。植樹祭のおかげで大規模開発された道。そのハイライト手前の左土手にモミジとヤマボウシの群落がある。


(マウスオンで写真がチェンジ)
今年はいいときに来合わせた。

2014_1018_350000.jpg
カーブの先、カラマツ林の上に瑞牆山出現。


(マウスオンで写真がチェンジ)
橋の少し先に大駐車場がある。広いので、停めようによってはこんな記念写真も撮れる。

2014_1018_400000.jpg
Pから一段上がった芝生の広場が、広い。写真をクリック、さらにクリックして大きなサイズで見ると、この景色の雄大さが少しは感じられようかと。
初めてこの場に立った時の感動はもう覚えていない。訪れるたびに新たな感動で上書きされるから。草木の色、山の迫力、静けさと鳥の声、何より空気感。
[ 2014/10/18 22:00 ] ツーリング | TB(-) | CM(0)

ガマの穂


(マウスオンで写真がチェンジ)
これは何だと思う?ガマの穂だ。ガマの油のガマじゃなくて、因幡の白ウサギがワニザメに毛を抜かれて痛くて泣いていたとき、大国主命(オオクニヌシノミコト)に言われてくるまって助かったという、真っ白でふわふわで柔らかくて暖かいと想像していた、あのガマの穂だ。明見湖でみつけた。こんなにたくさん生えているところは、今までの人生で見たことがない。
[ 2014/10/17 22:00 ] ツーリング | TB(-) | CM(0)

卓上カレンダー

2014_1016_040000.jpg
通りかかって目が釘付けになってしまった。そっ、そこにいるのはっっ!!インコ!?(笑)
これ、オカメだけでなくセキセイ・コザクラ・ボタン・マメルリハも入っている、超お得(?)なセット♪


(マウスオンで裏側!)
インコ好きにはたまらない逸品デス。(^◇^)
[ 2014/10/16 22:00 ] | TB(-) | CM(0)