アクセス解析
レンタル掲示板
林道ひまなし 200字詰:2月10日





200字詰:2月10日

ベビー用品売り場を通りかかったら、
「最近のベビーカー、いろんなもん付きすぎてて戦車みたい!コレいらねーって…」
と、若いパパがつぶやいていた。そうなのか?

某新人君、サイズがみんな違うダンボールの山を急いで店長の車に積み込めと言われて入りきらなくて困っていた。店長、見るなりひと言、
「何?この幾何学的なの」

新しくできたショッピングセンター等のビルや公共の建物等に椅子が多い。ちょっと座れるベンチみたいな、小さな無料休憩所。それって、年寄りが増えたから?

温泉に浸かっているニホンザルの画を見るといつも思う。出たあと寒いだろうなー。

新任のナヨナヨとした上司がどんな人なのかよくわからない頃、遅番で帰ろうとしたはたち女子を一緒に帰ろうと呼び止め、
「僕ウサギだからさぁ、さびしいと死んじゃうの」
と言った!!と聞いて、
「変態ウサギ男」
と名付けたのだが、その後件のはたち女子に何かにつけて突っ込まれるたび嬉しそうな様子を見せると聞いて、
「変態ドMウサギ」
に変更。さらに、他従業員の愚痴を聞いて、
「オレのこころは真っ白だよ」
と言ったそうなので、
「変態ドM雪ウサギ」
に進化。
…そろそろ、行く末が不安だ。

ほぼ毎日納品に行くお店の超若いG君。初対面の印象は「かっわいいっっ!!」…みずみずしさがハダカデバネズミに似ていて可愛かった…。なのに半年以上経過した今日この頃はな~んだか慣れちゃって、フツー。「倦怠期」という言葉がふと、浮かんできた。

マイドライブに同伴の掟。すかしっペ厳禁。おならをしたら正直に自己申告。
「窓開けてください」
…だって、長時間一緒にいるのに、つらいじゃん。(笑)

お肌も肉体も気持ちも若々しくても老いの波はひたひたと足元に忍び寄ってくる。親戚の入院や危篤の知らせや冠婚葬祭。体の衰えより先にやってくるそれらは、予告だ。

去年50を過ぎた。この歳になるとわかる事実。結婚なんかしたって結局最後はどちらかがひとり。(笑)
お一人様がどうのこうのと言ってる人たちがまだ気付かない、現実。

30「あ゛~~~、こう寒いと熱燗か温泉だね」
上司A「…温泉だな」
下戸が多い職場はこんなもん。でも温泉と熱燗は同じレベルで語れない。ワタシはもちろん温泉派。絶対温泉派。お酒も好きだけどネ。
関連記事
[ 2017/02/10 22:00 ] 200字詰 | TB(-) | CM(-)