アクセス解析
レンタル掲示板
林道ひまなし |妙法寺のアジサイ~県営赤石高下林道

  ~ ひまがあったらやまなしへ ~

妙法寺のアジサイ~県営赤石高下林道

桜が終わると次は食べる目的の山椒。そしてすずらんにレンゲツツジとニッコウキスゲ…というのが昨年までの春から初夏のテーマだった。他にも何かあるんじゃないか?と思ってみた今年。バラは見た。アジサイはどうだ?というわけで調べたら、冬のダイヤモンド富士を何べんも見に行っている高下(たかおり)のすぐ近くにある妙法寺というお寺が、その名所らしい。まだ早いかと思いつつ、なら下見でいいじゃん、と行ってみることにした。


2017_0619_000010.jpg

晴れた日の富士川大橋の眺めは本当に爽快だ。大きな櫛形山が歓迎してくれているようで嬉しい。下流を見やれば富士川の雄大な流れ、上流は八ヶ岳遠望が素敵である。


2017_0619_000020.jpg

道の駅富士川。30の山梨南西部遠征基地。目の前にデカいスーパーオギノがあるのもGOOD。


2017_0619_000030.jpg

道順は冬ダイヤと全く同じ。鰍沢警察のところの歩道橋といえば山梨県民で知らない人はいないと思う。その大きな交差点を西へ斜めに入って極狭路をウネウネ進んで大法師(おおぼし)公園の分岐を過ぎてどんどん山の方へ上って行く。案内の看板がちゃんとあるので迷わない。(この写真はそのルートとは別の場所で撮影)


2017_0619_000040.jpg

坂道を上っていくといきなり総門が現れる。左の建物の角が総門の屋根に干渉しないようセットバックしている。そりゃ、総門のほうが先にあるのだから優先されて当たり前だけれど…


2017_0619_000050.jpg

総門を潜った先の高所に三門が見えてくる。ところがこの、最後の「坂」がすごい。写真では判りにくいけれど、実際に行ってみるとちょっとビックリすること請け合い。


2017_0619_000060.jpg

ど真ん中に置かれたホースがよそ行き感ゼロ(笑)。庭木のお手入れ中らしい。でもすぐ先のPには観光バスが3台(あの坂、上って来るんだ…!!)。



(マウスオンで写真がチェンジ!)


2017_0619_000090.jpg

門の先には境内への石段。それほどの段数はないようだが、今に残る貴重な「野面積み(のづらづみ)」というものらしい。確かに、“上り味”が違った。


2017_0619_000100.jpg

振り返ると、なかなか荘厳な眺めが。やはり周囲の樹林草木あってこその寺院建築だ、と思う。


2017_0619_000110.jpg

なんと立派な鐘楼。



(マウスオンで写真がチェンジ!)

そして本堂。5日後に始まる「あじさい祭り」の支度のためか、紅白のテントが張られていた。ここまで来て見慣れた折り畳みイスとは。


2017_0619_000130.jpg

本堂脇の奥から裏山へと続く遊歩道があった。そこここにあじさいの株はあるのだけれど、どれもまだ花というほどには咲いていない。急斜面を縫うように細く続く登山道のような道に、「アタシたち山登りに来たんじゃないんだけど」と文句をつけるバスツアーの婆さまたち(笑)。確かに、マムシでも出そうな道だった。


2017_0619_000140.jpg

下りて行くと、なんだか人が立ち止まっているところがあった。



(マウスオンで写真がチェンジ!)

これか!



(マウスオンで写真がチェンジ!)

一般的に公開されるいちばんメジャーな角度と思われるあたりから。


2017_0619_000190.jpg

駐車場からの眺め。至ってのどかな景色なのに、見えているのは日の本一の霊峰、富士である。



(マウスオンで写真がチェンジ!)

さて、念願の赤石高下(あかいしたかおり)林道“県営編”。実は道に迷ったり、燃料が気になって給油しに行ったりして、ここまで来るのに45分くらいかかってしまった(←アホか)。



(マウスオンで写真がチェンジ!)

昨年末、冬ダイヤを見に来た帰りは冬季閉鎖のゲートに阻まれた。いつか走ってみたいと思いつつ、十数年が経過してしまった。今日こそは!



(マウスオンで写真がチェンジ!)

途中、芝生の広々とした展望広場があった。もちろん富士山見放題。エンジンを切ると、吹き渡る風と山の気が凄まじく迫ってきて怖くなる。



(マウスオンで写真がチェンジ!)

下って行く平清水線との分岐地点。ここの眺めも素晴らしい。



(マウスオンで写真がチェンジ!)

左は八ヶ岳方面、右は富士山、その間に甲府盆地の営みが広がる。



(マウスオンで写真がチェンジ!)

走りきった。筆書きらしい「林道杭」が30の大好物。林道看板と共にいい苔むし具合だ。
4.3キロ少々という短い県営赤石高下線。でもアプローチの簡易さといい、山の爽快感の濃縮具合といい、特筆すべき林道のひとつである、と思った。


2017_0619_000320.jpg
林道名にもなっている赤石温泉を通過して道なりに走ると、この「みさき耕舎」のそばに出る。



(マウスオンで写真がチェンジ!)

民芸調というかなんというか不思議な空間。とにかく暑かったので冷たいおそばを注文した。


2017_0619_000350.jpg

おろしそば~♪(´∀`)


2017_0619_000355.jpg

食べ終わってぼーっとしていると、サービスですと言ってコーヒーを、トイレに行ったついでに展示されている木工品などを眺めていると、これまたどうぞと言ってタケノコとフキの煮物を。(笑)
このまま長居するともっと何か出てきそうな気がして、有り難く退散する。(笑!とても嬉しく楽しいひとときでした♪)
お会計のとき、さっき妙法寺のアジサイを見に行って来たのだけれどと話したら、
「今年は雨が少ないから花が遅いんですよ」
そうなんだ。本当はもっとたくさんの花が見られるんだ。また来なきゃ。(^^)


2017_0619_000360.jpg

みさき耕舎からの富士もきれいだった。ここいらの人は、いつもこんなきれいな富士を見ているのだなと、羨ましくなった。


2017_0619_000370.jpg

しかし駐車場近くにあったこの警告。平林区内に一斉放送されてしまうとは、恐ろしい!
田舎は道が少ないので逃げ道も無い。限られた道路から外れれば野生動物の天国。こんな地域にも不審者は出没するのだろうか…。


2017_0619_000380.jpg

帰路はR300経由。本栖湖。とにかく横浜まで帰るのでルートはいくつか決まっている。


2017_0619_000390.jpg

この富士はいいだろう!30好みの場所。別に秘密でもなく、フツーに国道沿い。



(マウスオンで写真がチェンジ!)

自然物とではない富士。海っぽい要素も無い富士。これがここでの日常。それでも美しい。富士の良さは、各個人が見出すもの。


2017_0619_000500.jpg

本日のおみやげ。いい買い物をした。
関連記事
  • 200字詰:9月20日 (09/20)
  • 2017年7月6日「美ヶ原高原美術館まで」、レポUP。 (08/25)
  • 円満退職とは…??? (08/15)
  • 2017年7月3日「佐野峠界隈の林道・身延・うつぶな公園のあじさい」、レポUP。 (08/15)
  • 美ヶ原スカイライン・美ヶ原高原 (07/10)
  • 美ヶ原高原美術館まで (07/06)
  • 200字詰:7月1日 (07/01)
  • 変換シリーズ260 (06/30)
  • 200字詰:6月25日 (06/25)
  • 激ガレの川上牧丘林道~ベニバナイチヤクソウ群落 (06/22)
  • 「高原の鰯水」BBS&連絡窓口

    syakadou.jpg

    Copyright © 30 All Rights Reserved.

    FC2カウンター