アクセス解析
レンタル掲示板
林道ひまなし

  ~ ひまがあったらやまなしへ ~

このところ撮っていない食卓

2017_0614_000010.jpg
マッシュルームのクリームパスタ

2017_0614_000020.jpg
つけそば?油そば?のぶっかけ盛り

2017_0614_000030.jpg
キャベツとウインナーの焼きスパ、マッシュルーム入り

2017_0614_000040.jpg
ラタトゥイユスパゲッティ、万能ネギ入り

2017_0614_000050.jpg
クロックムッシュもどき

2017_0614_000060.jpg
肉菜っ葉雑炊(七味・柚子粉かけ)

2017_0614_000070.jpg
ウインナー・ネギ・きくらげ入り富士宮焼きそば

2017_0614_000080.jpg
マッシュルーム、軸までてんこ盛りパスタ

2017_0614_000090.jpg
パセリオムレツのWチーズがけ

2017_0614_000100.jpg
ウドの天ぷら

水信玄餅と甘利山のレンゲツツジ

2017_0610_000010.jpg

そろそろ甘利山のレンゲツツジが咲く頃かと思って開花情報を探してみたが見当たらず、ならば行ってみるまでと出撃。母連れなので東名に乗り、海老名JCT~圏央道:八王子JCTから中央道…と洒落込んだのだが、今日は土曜。このルートがこんなに混むなんて…(泣!平日ドライバーなので土日の渋滞を忘れていた)
普段通ることのない「小仏トンネル」を東から潜ってしまった。珍しいので写真まで撮っている。


2017_0610_000140.jpg

そう、今日は土曜日。山梨の名店、「金精軒」の夏限定銘菓、「水信玄餅」が、今日ならいただける。勇躍して向かった韮崎店、到着はほぼ開店時間の9時ジャスト…なのに、既に人だかりが。


2017_0610_000110.jpg

注文受付レジで支払いを済ませて、もらった番号札が56番。平仮名である。何の気なしに裏返すと謎のイラスト。きっと番号札が足りなくなったら付箋とかで間に合わせるのだろう。(←想像)
まだ午前中だというのに早くも煎り付けるように眩しく熱い日差し。たまらず設けられたテントの下に逃げ込むと、10分も待たずに56番目の水信玄餅登場。いや、番号札は1グループで1枚だから実際には200皿近くが出ているのでは…?



(マウスオンで、おおっ!!)

なんという透明感!!
ぷるぷると瑞々しく揺れる水晶の玉、いや違う、これは南アルプスのどこまでも清らかな水の結晶。儚くも、ほんのひと匙でするりと割れる。拒絶するような弾力はなく、水玉が手に馴染むようにほどけていく。見る間に消えてなくなりそうで、本当にあっという間に食べてなくなってしまった。
夢のような300円のエンターテインメント。



(マウスオンで写真がチェンジ!)

金精軒:韮崎支店は、山梨の美味しい手作りパン屋さん「コーナーポケット」と同じ敷地内にあるので出入口も一緒。
「冷しパンはじめました」
という涼しげな看板を見過ごすわけにはいかない。
30の来店経験から言うと、朝早い時間はまずドッグ・サンド系、基本の甘いもの数点、惣菜パンから並ぶように思う。あと、レジ横に置かれた賞味期限迫る値引きパンたち。いいものがあったりするのですヨ。
朝食もそこそこに出てきたので、ここでうまそうな、いや絶対うまいパンたちを買い込み、混雑する駐車場を出る。500mほど南へ戻った道の駅にらさきで、景色を楽しみながらゆっくりといただくのがサイコー♪


2017_0610_000160.jpg

さて、次の目的地というか本命の甘利山へ向かう。
R20とかR52とか12号線とか考えずに、道路左側に現れる青看板「甘利山→」に従って行けば迷うことは無い。でも途中で幾度か見かけるこの看板には少々迷わされる。本当に出るらしいし…。


2017_0610_000210.jpg

ぐにゃんぐにゃんの県道613号甘利山公園線を上りきった砂利のPは満車寸前。でも、驚くほど人の数は少ない。花の時期なのに!?
東屋の先の展望場所。早くに咲くこのツツジがもう終わりかけだ。上はどうなのだろう?


2017_0610_000220.jpg

上るにつれ鮮やかに開いた大ぶりのレンゲツツジが…


2017_0610_000230.jpg

咲いてないじゃん。
蕾が多いというか、スカスカというか、まだ早かったのかな。人が少ないのはそのせいか。



(マウスオンで写真がチェンジ!)

花が少ない分、ところどころにかたまって咲いているのがなおさらに美しい。


2017_0610_000260.jpg

例年の山頂付近ならピクニック気分でお弁当を広げるグループ等が数多く見られるのに、今年は皆無。



(マウスオンで写真がチェンジ!)

でも、こういうのもいい。広々とした空の下、広々とした山野が広がる。その向こうには盆地の景色や遠くに霞む富士。地平線でも水平線でもない、果てまで山な視界。ふと、足元を見れば…


2017_0610_000300.jpg

2017_0610_000310.jpg

陽を受けて咲き競う花に、いつ咲こう、明日咲こうと控える蕾たち。


2017_0610_000400.jpg

甘利山には他にも可憐な野の花が咲いている。左上の丸っこい黄色いのは「ウマノアシガタ」というそうだ。こんなに小さくて可愛いのがなぜ馬の足型???右上のは先日、芦川村でも見た。


2017_0610_000410.jpg

右下の白いのは「ツマトリソウ」変換したら「妻と理想」って意味深な漢字(感じ?)になった。
そういえば、1本の茎に花がたくさんぶら下がるアマドコロを見かけない。やっぱり時期をミスったか。


2017_0610_000420.jpg

ところで、これは何だろう?

実山椒2017

2017_0605_000010.jpg

実山椒を買いに道の駅すばしりまで走った。まず手前のR246沿いにある道の駅ふじおやまで、前回来たとき見かけて超気になっていた手作りサンドイッチを購入。250円なのにコンビニサンドの2倍はありそうな大きさ!とりあえず積んですばしりへ急ぐ。


2017_0605_000030.jpg

やった!小見山福江さんの実山椒だ!5パックしか並んでいない…なら全部買わせていただきますー♪\(^o^)/ もし無ければ芦川村のおごっそうやまで走ろうと思っていたので、いきなり本日の任務終了。
先月の5月3日と8日も、ここで葉山椒を買った。もちろん小見山さんのだ。そのとき、隣にあったタラの芽を選んでいたら、買い物に来たらしい中高年女性にいきなり話しかけられたのだった。
女性「(カゴに入れた山椒を見て)あら、こんなに山椒、どうするの?」
30「佃煮にするんです。山椒大好きで、いつもここへ買いに来るんです。この、小見山福江さんのがイイんですよ♪」
女性「(小見山さんの山椒を指差して)働き者よぉ!」
なにっ?ということは、知り合いなのかっ!?と思い、
30「小見山さんのはすごくきれいでゴミひとつ混じってなくて、どんな人なんだろう?きっとステキな女性なんだろうな~と思って…」
女性「オジサンよぉ!!」
ええっ!!福江さんって、オジサンの名前だったのッッ!!(゜∀゜;ノ)ノ


2017_0605_000040.jpg

これは、小見山福江さんの実山椒のパックに入っている食べ方のメモ。ネットで何でも調べられる時代なのに、このように親切なレシピをパックにそっと忍ばせてくれる。使われている記号がABC…ではなくイロハ…なのも味わい深い。そして今年のレシピは一昨年のものと違ってより辛味マイルドに工夫された新しいものであることに気付いた。働き者だという小見山福江さん…本当にどんなオジサンなのか、ますます気になる存在になってしまった。


2017_0605_000090.jpg

これは5月8日に葉山椒を買ったときのレシート。小見山福江さんに次いで山椒の出荷が多いのが芹沢嘉治さん。それに福沢晟さんもタラの芽などの山菜を出荷していてよく見かける。道の駅すばしりで野菜を物色するときにはいつもこの御三方の名を探してしまう。


2017_0605_000050.jpg

目的のブツを無事入手できたので、あとは御殿場のスーパーオギノで梨北米5キロを買って…と、これが思っていたより袋が大きく搭載ボックスに入らない!?…斜めの立て入れでなんとか収納。隙間に山椒4パックと注文品の信玄餅飴5袋を詰め込む。あ、巨大なサンドイッチもあったなぁ。


2017_0605_000060.jpg

道の駅ふじおやままで戻り、角が取れて楕円形に近くなった三角サンドを賞味。デカ過ぎるしウマ過ぎる!溢れんばかりのタマゴに野菜にハムにポテサラ?いやタラモサラダか?味付けもシッカリしていて、とにかくボリュームがすごい!ただ、長時間の持ち歩きはおススメしない。(^_^;)
さて、帰ったら山椒たちの下茹で作業が待っている。5パック分かぁ~~…(泣けてくるがこの先1年分の仕込みなのでがんばる)
  • 200字詰:6月25日 (06/30)
  • 激ガレの川上牧丘林道~ベニバナイチヤクソウ群落 (06/22)
  • 妙法寺のアジサイ~県営赤石高下林道 (06/19)
  • このところ撮っていない食卓 (06/14)
  • 水信玄餅と甘利山のレンゲツツジ (06/10)
  • 実山椒2017 (06/05)
  • 平塚市美術館 (05/31)
  • 芦川のすずらん・身延のバラ (05/29)
  • 最近のうまいものたち (05/28)
  • 須走まで行って帰ってきただけツー (05/24)
  • 「高原の鰯水」BBS&連絡窓口

    syakadou.jpg

    Copyright © 30 All Rights Reserved.

    FC2カウンター